• ホーム
  • 診療内容
  • 料金表
  • 当院の特長
  • 歯科医師紹介
  • 医院紹介
  • アクセス

診療内容|歯やお口に関するお悩みは静岡県浜松市西伊場の歯医者「さなる歯科」

「当院では、むし歯治療、歯周病、ホワイトニング、インプラントや口腔外科など幅広い症状に対応しています。
また見た目だけでなく機能面や耐久性にこだわった矯正治療、被せ物も充実しております。丁寧かつ精度の高い歯科治療のご提供をさせて頂きます。

診療内容

診療内容イメージ画像

一般歯科

一般歯科イメージ写真 皆様は歯を残すことの大切さをご存知ですか?

一般歯科の治療では主に、むし歯や歯周病といった症状の治療を行っています。
むし歯や歯周病は定期検診を怠ってしまうと発見が遅れ、症状が進行して健康な歯を削る・抜くなどの処置が必要になります。
そうするとその分、治療回数や費用がかさんでしまうので、初期の段階で発見出来るよう、定期的な検診が重要になります。

むし歯はなぜできるのか?

むし歯は様々な要素が交わる時間が長ければ長いほど "むし歯" になる可能性が高く、主に下記の3要素がむし歯の原因と言われています。
このような原因を理解し、むし歯のない口腔内を保つための意識をしていきましょう!

むし歯の原因
歯質
歯の強さや質は一人ひとり個人差があります。
特にお子様の場合、乳歯や生えたての永久歯は酸に弱いので注意が必要です。
糖分
糖分の取りすぎは良くないですが、同じ糖分の量でも、だらだらと時間をかけて摂取をする「だらだら食い」は糖分が口の中にある時間が長いためむし歯になりやすいです。
菌
歯のブラッシング方法が合っておらず磨き残しや歯垢が多く、酸(歯を溶かす)を作りやすい口内環境になるとむし歯になりやすくなってしまいます。

むし歯の進行

むし歯は進行するほど、健康な歯がぼろぼろになり治療の際に患者様の負担が大きく、最終的には歯を抜くことになるかもしれません。
痛みがなくなったからといってむし歯が治ったわけではないので、歯科医院での受診をお勧めします。

むし歯の進行の様子イラスト

できるだけ痛みの少ない治療

表面麻酔
シンジカインゲル写真 麻酔をする前に針を刺した時のチクッとした痛みをなるべく抑えるため、歯茎に表面麻酔を塗布をします。
電動麻酔器
電動麻酔器写真 注入圧や注入速度をコンピューターでコントロールすることで、痛みを最小限に抑えることができます。
痛みを感じにくい極細の針
極細の針写真 極細の注射針と人肌に温めた麻酔を使用することで、針が刺さる痛みを抑えることができます。
むし歯の治療はお早めに

皆様は普段の何気ない瞬間の歯の痛みやしみる感覚を、時間が経つと何も感じないからと歯医者へ行かず放置していませんか? むし歯は時間が経つにつれ、お口だけではなく身体へも害をきたすとても恐ろしい病気です。歯に違和感を感じたら、お早めにご相談ください!

歯周病

歯周病イメージ写真 歯を失う原因の第1位で国民病とも言われる歯周病は、小学生から大人の方までどの年代の方も、かかる可能性があります。
また、歯周病の知識がない方はなかなか自分で判断することが難しく、進行してから気付くことが多い病気です。歯周病の原因や症状を把握し、予防と早めの受診を心がけましょう!

歯周病の原因と症状

歯周病になる1番の原因は、歯垢(歯に固くこびりついた汚れ)です。歯垢は、歯と歯茎の間に潜んでおり、歯垢が出す毒素が歯茎を炎症させ歯周病にさせてしまいます。

歯周病の症状イラスト

歯周病の進行

歯周病は、サイレントディジーズ(静かなる病気)といわれ、気付かぬ間に進行する病気です。
重度の症状になる前に歯周病の状態を理解し、なるべく早い段階での治療や予防を徹底しましょう!

歯周病進行の様子イラスト

歯周病治療の流れ

スケーリング
スケーリングイラスト 歯に付着したプラークや歯石をスケーラーと呼ばれる器具で落としていきます。歯垢や歯石はすべて除去し、むし歯リスクを減らしましょう。
SRP
SRPイラスト SRPとは歯肉内部を清掃することです。
スケーリングで落としきれなかった汚れを除去し、歯根の表面を綺麗にします。
メインテナンス
メインテナンスイラスト 再発をさせないため、定期的な検査と予防が必須です。
正しいブラッシングや、プロによる歯のクリーニングで健康な歯を保ちます。

軽度の症状から重度の症状まで対応しております。
どんな些細なことでも気になる症状がある場合はお気軽にご相談下さい!

歯周病が進行してしまったら…?

歯周病の症状が重症な場合は通常の歯周病治療だけでは治すことが出来ないため、外科的な治療を行います。

治療のイメージ画像 歯周外科治療 歯周病が重症化している場合は、炎症を起こしている歯の根元の方の組織を除去するために歯ぐきを開いて治療を行います。
歯周外科治療を行うことで、歯周病の原因となる悪い部分を確実に除去することが可能です。

小児歯科

小児歯科イメージ写真 歯医者さんは誰もが「出来ることなら行きたくない」と思ってしまう場所ですよね。当院では、少しでもお子様の緊張や不安を取り除き、リラックスした気持ちで治療が出来るよう心掛けております。

また、子ども好きなスタッフが揃っておりますので、お子様の気持ちに寄り添った思いやりのあふれる優しい雰囲気の中で治療を行います。初めて歯医者さんに通うというお子様も是非、さなる歯科へお越しください!

お子さまの個性を尊重した
治療スタイル

初めて歯医者さんへ通うお子様も安心して通って頂けるよう、それぞれのペースに合わせた治療を行います。
まずは歯医者さんは怖くないと思ってもらえるように、いきなり治療はせず当院のスタッフと診療台に座って他愛もないお話をしたり、コミュニケーションをとりながらリラックスした状態になってもらうことから始めていきます。
慣れてきたタイミングで少しずつお口の中を見せてもらい、お子様のペースに合わせて治療を進めますのでご安心ください。

むし歯のない
健康な歯を守るためにできること

個人差はありますが、お子様の歯は2歳頃までに上下の歯(20本)が生え揃います。
乳歯は歯の厚さが永久歯の2分の1程度のため、むし歯によって歯が溶け始めると早い段階でむし歯が神経まで進んでしまいます。
このようなデリケートな時期は特にむし歯にならないための予防対策を行うことがとても大切です。

フッ素
フッ素塗布のイラスト フッ素はむし歯菌が出す酸の量を抑制する働きや歯の質を強くし、むし歯になりにくくする作用があるため、数ヶ月〜半年に1回のペースで塗布して頂くと効果的です。
また市販のフッ素入り歯磨き粉も普段のブラッシングに取り入れることで更に予防効果を高めます。
フッ素
シーラントのイラスト 歯ブラシの届きにくい奥歯はどうしても食べかすが詰まりやすく、磨き残しが多くなるため、むし歯になりやすい傾向にあります。
歯の溝をシーラント(プラスチック樹脂の一種の液体)で埋めることで、むし歯予防を行う治療方法です。
乳歯の生えかわり時に気をつけること

乳歯の抜ける順番お子様の乳歯は、6歳頃から抜け始め、14歳頃までに全ての歯が永久歯に生え変わります。
歯がぐらぐらしているけど、自分で抜いていいのか分からない場合や歯が抜けた時にしてはいけないことなど疑問に感じていても自己流で対処している方も少なくはないと思います。
歯の状態によっては、医院で歯を抜いた方が良い場合もある為、少しでも疑問に感じることがありましたら、お気軽にご相談下さい!

乳歯のお手入れについて

乳歯は自然に抜ける場合がほとんどですので、歯がぐらぐらし始めたら食事の際に歯を一緒に飲み込まないように、お子様には事前に伝えておくことをおすすめします。
また、お子様は歯が抜けたての時はお口に違和感があり、舌で抜けた穴を触ってしまいます。
この癖を続けてしまうと新たに生えてくる永久歯が正常に生えず、噛みあわせに問題がでてきてしまうため、なるべく触らないように気をつけましょう!

予防歯科

予防歯科イメージ写真 皆様は、むし歯やお口に問題が起きたら歯を削って治療をすればいいという思考になっていませんか?
当院では患者様が将来お口のことで悩むことないように、健康な口内環境を目指し正しい歯のお手入れの方法や、予防プログラムをご提供させて頂きます。

予防歯科で得られるメリット

予防歯科を取り入れることで、むし歯やお口のトラブルを早期発見することができ、治療にかかる時間や患者様の治療時の負担も少なくなります。
また、歯へのダメージが少ない方法で治療が可能なので歯自体の寿命も伸びます。実際に歯がぼろぼろになってから「あの時定期健診に通っていればよかった・・」と思う方も多いので、 そうならないためにも自分の歯は大切に管理していきましょう!

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)

ご自身のブラッシングだけでは落としきれない、歯の隅々の汚れをプロにより綺麗にする治療です。
むし歯がない方もPMTCを定期的に行うことで、お口の中がスッキリし、むし歯のできにくい口内環境を保つことが出来ます。

歯石の除去
歯石の除去イラスト ブラッシングだけでは落としきれない固まった歯石を専用の機器を使用して細かい部分の汚れも落としていきます。
研磨
研磨イラスト フッ素配合のペーストと専用の器具で、歯を1本ずつ丁寧に研磨していきます。
フッ素塗布
フッ素塗布イラスト 歯をむし歯になりにくくするための予防措置の一つであるフッ素を塗布していきます。
ホームケアアドバイス
ホームケアアドバイスイラスト 健康な口腔内を守るために、日常生活でもできる予防対策やむし歯になりやすい習慣や癖を直すためのアドバイス等をさせて頂きます。
  • ・PMTCはホワイトニングとは違い、ご自身の歯本来の白さを取り戻すクリーニングです。
  • ・PMTCは保険適用内で行っています。

日常からできるお手入れで
歯を守りましょう!

歯科医院での定期的なケアによって清潔な口腔内を保ち、セルフで出来るお手入れも取り入れることで、より予防の効果を高めることが可能です。患者様それぞれに合わせた予防対策をお伝えさせて頂きます!

正しいブラッシングのイメージ画像 正しいブラッシング方法 毎日のブラッシングで清潔な口腔内を保つことが大切です。当院では、しっかりと歯が磨けているのか不安な方のために実際に歯ブラシを使用しながらわかりやすくご説明をさせていただきます!

プラスアルファのお手入れのイメージ画像 プラスアルファのお手入れでより効果的に ブラッシングだけではなく市販でも売られている歯間ブラシやデンタルフロスを用いることで、ブラッシングだけでは取りきれない細かな汚れも落とすことが出来ます。
始めは難しくてもコツをつかめば、ご自身でも出来るようになりますので、習慣づけて行い綺麗な歯とお口を守りましょう。

ブラッシングの仕上のイメージ画像 ブラッシングの仕上げに マウスウォッシュ(洗口液)は、歯垢や食べかす、口臭などお口のトラブルの原因を洗い流してくれます。
歯ブラシをする時間がない時でも何もしないより、マウスウォッシュを使用する方が、断然、お口を清潔に保つことが出来ます。
いつでも簡単にお口のケアがしっかりできるのでオススメです!

歯科口腔外科

歯科口腔外科イメージ写真 歯科口腔外科では、外科的な治療がメインで親知らずや顎関節症、事故でお口の中に怪我をしてしまった方などの治療を行います。
口腔内のトラブルは、怪我だけでなく病気の可能性もあるため、気になる症状がある方は早めの受診を心がけましょう。

歯科口腔外科で対応する主な症状

  • 歯ぐきが腫れている、出血している
  • 怪我をして歯が折れた
  • 歯がぐらぐらする
  • 顎が開けにくくなった、開かなくなった
  • 口を開けるとカクカク音がする
  • 口内炎や腫瘍が治らない
  • 舌が黒ずんでいる
  • 粘膜に歯ブラシや硬い食べ物が当たってついた傷が、食事や会話をする時にしみる
  • 親知らずが腫れて痛い
  • 親知らずが横や斜めに生えてきた
まずはお気軽にご相談下さい

お口周りのことでどこの病院へ行ったらいいか分からないことはありませんか?
「間違っていたらどうしよう・・・」と不安に思っている方もいらっしゃるかと思いますが、症状を放置してしまうことは、治療の時間も延ばしてしまいます。ご相談のみでもお気軽にお越し下さい。

セラミック治療

セラミック治療イメージ写真 セラミック治療がどのような治療かご存知でしょうか?
見た目の美しさはもちろんですが、お口の機能性にも重点を置いた総合的な歯科治療をセラミック治療といいます。
きちんとカウンセリングを行った上で、患者様に適した素材をご提案させて頂きますので、ご興味のある方は一度ご相談ください。

 こんなお悩みございませんか?
  • 歯を白くしたい
  • ・笑った時に見える銀歯が気になる
  • 歯の形隙間が気になる
  • ・詰め物や被せ物の変色が気になる
セラミック治療のメリット
  • ・目立ちにくく、審美性が保たれる
  • ・劣化しずらく、身体への影響も少なく済みます
  • ・素材によっては強度が高く、2次的なむし歯にもなりにくい
セラミック治療のデメリット
  • ・強度を十分に確保するため、歯をしっかりと削る必要がある
  • ・保険が適用されないので、自費診療となります

セラミック治療は歯をしっかりと削らないといけないこと等リスクもございますが、総合的に長い目で見たときにむし歯になりにくかったり変色や劣化の心配もないのでおススメしています。

当院で扱うセラミックの種類

オールセラミック
オールセラミック写真 全てセラミックの素材で作られています。透明感があり、天然の歯に近い見た目の被せ物ができるので審美性に優れています。
ジルコニア
ジルコニア写真 オールセラミッククラウンの内側にジルコニアを使用したものです。強度が高いので、強い力のかかりやすい奥歯などに適したセラミックです。
メタルボンド
メタルボンド写真 金属のフレームを使用したセラミックで透明感などはオールセラミックには劣りますが、耐久性があるので歯ぎしりや、食いしばりをする方にオススメです。
料金についてはこちら

ホワイトニング

ホワイトニングイメージ写真 ホワイトニングとは、加齢やお食事・たばこによって黄色くなってしまったご自身の歯を白く明るくする治療です。
歯のクリーニングは汚れを取り、着色をとることで白くなったように見えますが、ホワイトニングでは歯の内側から漂白していくため、より美しく・白くすることができます。

ホワイトニングのメリット
  • ・歯を削ることなく白くすることができる
  • ・継続することで白さを保つことができる
  • ・個人差はあるが、1回で効果を実感できる
ホワイトニングのデメリット
  • ・効果に個人差がある
  • ・色戻りがあるので、継続的に行う必要がある
  • ・薬剤がしみる可能性がある
オフィスホワイトニング
オフィスホワイトニングの写真 歯科医師・または衛生士が施術を行う院内でのホワイトニングです。

特殊な薬剤を塗布し光を照射して歯を白くしていきます。ホームホワイトニングよりも濃度の高い薬剤を使用しているので、効果を実感して頂きやすいです。
結婚式を控えている方や、人前に出るお仕事の方にオススメです。
ホームホワイトニング
ホームホワイトニングの写真 ホームホワイトニングは、患者様にご自宅で行って頂くホワイトニングです。

マウスピースを院内で作製し、そちらに薬剤を入れて数時間装着します。
オフィスホワイトニングに比べ、効果が表れるのに時間はかかりますが、色戻りが少なくご自身のペースで自由に納得のいく白さを追求することができます。
料金についてはこちら

矯正歯科

ホワイトニングイメージ写真 歯並びが気になるけど、「治療費はどのくらいかかるのか」、「矯正の治療はどのように進めていくのか」など分からないからといって、そのままにしていませんか?

歯並びの問題は見た目だけでなく、噛み合わせや顔の歪みにも関わります。矯正について気になることやお悩みがある方は、お気軽にご相談へお越し下さい。 当院では矯正医が在籍しておりますので、お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

矯正治療を始めるタイミング

子どもの頃は歯並びを気にしていなくても、大人になってから気になることもありますよね。
一般的に矯正治療は子どものうちに始めた方がいいと言われてはいますが、大人の方(30代・40代・50代以降)も矯正治療は可能です。年齢で決め付けずにまずはご相談から始めてみませんか?

 こんなお悩みございませんか?
  • 前歯が出ている
  • ・歯と歯の間に隙間がある
  • ・歯並びがでこぼこしている
  • 下の歯が前に出ている
  • 前歯が開いてしまう
  • 噛み合せが深く下の歯が見えない

当院で扱う矯正の種類

床矯正
床矯正写真 歯を抜かずに顎を拡げて歯列を整える、主にお子様に行う矯正方法です。取り外しが簡単なのでお食事や歯磨きも通常通りに行えます。
表側矯正
表側矯正写真 矯正方法で一番認知度の高い治療方法です。治療実績が豊富で様々な症例と幅広い年齢層の方に対応が可能です。
裏側矯正
裏側矯正写真 矯正装置を歯の裏側に装着するため、見た目が気になる方も安心です。また歯を舌で押してしまう癖がある方は矯正を行いながら舌癖の改善もでき、治療後の後戻りを防ぎます。
マウスピース矯正
マウスピース矯正写真 取り外しが可能でマウスピースが透明なため、見た目も気にならず治療中のストレスが軽減されます。また、ご希望の方はホワイトニングも同時に行うこともできます。

さなる歯科は、静岡県浜松市中区西伊場町で診療を行う歯科医院です。西伊場町は中区の中心部西にある地区で、伊場遺跡やJR東海の浜松工場、浜松商工会議所などがあります。当歯科医院のある浜松市では、毎年ゴールデンウィーク中に『浜松まつり』が開催され、南区では『凧揚げ合戦』中区では『御殿屋台引き回し』が行われるなど、期間中は100~150万人の見物客が県内県外から訪れ賑わいます。また西伊場町にあるJR東海の浜松工場では、毎年7月下旬から8月上旬の土日に一般公開イベント『新幹線なるほど発見デー』が開催され、こちらも親子連れを中心に大人気となっており1~2万人の見学客を集めています。地域の皆様が安心して通える歯科医院として、お口の健康を守るお手伝いをさせていただきます。お口のことで気になることや不安などお気軽にご相談ください。

© 2019 さなる歯科